加盟団体紹介

大田区ボクシング連盟

【連盟設立の経緯】
戦後、神奈川大学参与および学長補佐でありボクシング部部長を兼ねていた故小林裕氏(元大田区区議会議員)が、故柴田勝治氏(元JOC委員長)や故小林正三氏(当時東京都連盟理事長)と相談し、大田区在住の橘勇や穂坂孝(各元県チャンピオン)、平林愛国(元オリンピック代表)らを会員・役員として昭和32年に設立し、大田区体育教会及び東京都連盟に加盟した。
団体名 大田区ボクシング連盟
会長 高木 雄司
事務局 〒230-0074 横浜市鶴見区北寺尾 2-1-32-208 松山方
お問い合わせ先 TEL・FAX:045-573-6243
ホームページ http://www.hi-ho.ne.jp/matsy/

現在の活動内容

(1)大田区ボクシング大会(大田区教育委員会・大田区体育協会主催、大田区連盟主管、東京都連盟後援):年1回開催
(2)大田区スポーツまつり・ボクシング体験コーナー(大田区教育委員会・大田区体育協会主催、大田区連盟主管):年1回開催

大田区ボクシング大会について

昭和48年12月16日大田区立蓮沼中学校体育館にて第1回大会を開催。当時の会長は小林裕氏(昭和42年(1967年)4月~平成11年(1999年)5月会長)。
以後毎年秋に、大田区立の小中学校の体育館、大田区体育館、その他の会場において、日本連盟所有の公式リングを借用したり、常設のリングを借用して開催。
本大会は、リングドクター、日本連盟公認審判員、都連役員による公式計量、医師の検診または健康診断書によって運営された公式試合である。

年間事業

7月 国民体育大会都予選会、東京都選手権大会
10月 区民スポーツまつり参加
11月 大田区民スポーツ大会

11月12日(日)ゴールドジム サウス東京ANNEXにおいて行われました。(写真2枚目、3枚目)
当日は、選手・役員など80名以上が参加。日頃の練習成果を発揮し、各クラスで白熱した試合が行われました。

1月~12月 初心者ボクシング教室